FC2ブログ

セラピストMamiyの癒しの魔法

癒しを求める現代社会。真の癒しとは『魂の癒し』その魔法を探す多くの人へ・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

心と体

心だけ癒しても体の疲れは取れない・・・。
体だけ癒しても心の疲れは取れない・・・。

心と体は一体です。
腕だけで体だとは想わないでしょう・・・。
足だけで体だとは想わないでしょう・・・。

精神的な疲れが溜まった体に体だけの癒しをいくら施してもそれでは癒せないでしょう・・・。

まず疲れきったその心を癒してあげましょう・・・。
ではどうやったらいいの・・・?

人生で起きる全ての出来事を誰かのせいや状況のせいしている内は何度だって
起きてきます。その全てを認め受け入れそれで完璧自分の人生だと言える自分になった時自分の本質を見つめ何が本当に遣りたいのか気づいたとき・・・。

心の癒しが始まります。
自分の心の問題なのです。
誰にも出来ない自分でしか自分を本当に癒す事など出来ないのです。

それこそが『魂の癒し』なのです。
自分の人生が何もないと思ったとき・・・。
歩いてきた道程が全て無意味に思えるとき・・・。

何もない自分ひとりだけと想った時苦しみの中に今まで気づかなかった自分の本質が見えてきます。

あなたを一番愛し見つめ見守る本質の自分の姿・・・!!
『迷いの森』で見つけてください・・・!!
ジーっと貴女が気づくのを待っている自分の姿を・・・・。

あなたは一人なんかじゃない・・・!!
いつだったあなたは一緒です。
貴女の本質自分という『神』に見守られ生きている・・・。
忘れないで一番大切なこと・・・。

全てを自分出選んだと言う事実を・・・!!
誰のせいでもないのです。
貴女があなたに出会うためにそれを選んだのだと・・・。
苦しい選択を選んだと言う事はそれだけ大きな学びをしたかったのだと・・・!!

貴女は一人じゃない・・・。
無意味なものなどこの世に存在しない・・・。
必ず必ず幸せになります。
『愛』は与えるものです。
無条件で・・・!!

子供がいなくても『愛』を無条件で与えてみましょう。
何でもいいです。ただ好きと思えるものを・・・。
でも自分の全てを愛し見つめ許し無条件で愛せた時全ては始まります。
今日は自分を見つめてください。その全てを・・・。
2006年4月30日(日)真実の日記から



スポンサーサイト
心と身体 | コメント:0 | トラックバック:0 |

新月のアファーメーション

4月28日は新月です。願いが叶う新月のパワーを活用しましょう。
 今月は牡牛座の新月です。4月28日 4:44 牡牛座
 牡牛座のテーマは自分の欲求を自覚し、存在価値を確立することです。
 金運を支持するので、お金に対する抵抗やマイナスのイメージを払拭する
 チャンスです。
 新月が牡牛座にある時のキーワードは
 「お金」「官能的喜び」「満足」「忍耐」
 「自分の存在価値を認める」「解放する」「頑固さ」
 物質的快適さや快感、自然との調和、信頼性、独占欲も支配します。
 また、身体面では咳/のど・あご・首/甲状腺/声と声帯に関する健康を
 願うといいでしょう。
  http://www.therapists.jp/artemis/shingetu.htmlから引用
          

願いは全て肯定的にすること・・・。
すでにもうその願いが叶ったと・・・。
これが足らないからほしいではなくこれを得て私は幸せです。
なりたい自分を思い描いてそうなっている自分を感謝する・・・。
そんな感じで願うのではなく感謝し信じる事です。
信じると言うよりももっと先・・・。
満月は全てを吐き出し浄化作用・・・。
新月は願いが叶うエネルギー・・・。

私は月が大好きです。
今までどれほど苦しかった時に夜空の月を見上げて泣いた事か・・・。
月のエネルギーを吸収して元気になれたことか・・・。
大好きな月のエネルギー見えなくとも大きな存在として・・・。
私がいつも見上げて感謝する時も、忙しく忘れている時もいつも其処の存在し
見守り続ける愛のエネルギー・・・。
ただあると言う凄い愛の存在・・・。

新月に感謝して自分の内面を見つめて見ましょう・・・。



心と身体 | コメント:0 | トラックバック:0 |

浄化の季節

温かなこの季節は冬の間に溜まった毒素を排出する浄化の季節です。
今の時期に身体の排泄機能が低下しているとむくみやすくなります。
日頃同じ姿勢でいることが多い方・・・。偏った食事の方・・・。
血管内のリンパ液が組織に染み出し溜まったままだと慢性的なむくみに
変化してしまう恐れがあります。

そんな方はアロママッサージをお薦めします。
鬱滞除去作用や利尿作用を促す精油を使い足全体をつま先から足の付け根に向かってマッサージをして見ましょう。
ご自分で出来る遣り方でも構いません。
ジュニパー・サイプレス・ゼラニウム・グレープフルーツ・ローズマリーシオネール等をしようしてみましょう。それぞれのブレンドファクターに気を付けて下さい。

むくみの原因の一つにマグネシウム不足が考えられます。
ミネラル不足はお肌も荒らしてしまいます。
海草、麦、小麦ふすま・胚芽、アーモンド、黒砂糖、ナッツ類、豆腐、玄米、
穀類、豆類、種、ニンニク、干しブドウ、ジャガイモ、濃緑色野菜、バナナ
カリウムも積極的に取りましょう。
海草、ひまわりの種、小麦胚芽、パセリ、豆・ナッツ類、ニンニク、ホウレン
草、イチジク、大豆、バナナ、柑橘類、トマト、緑色葉野菜、ニンジン

人参は身体を温めビタミンAも豊富な為女性にお薦めです。

などのミネラル(マグネシウム・カリウム)を含む食品を摂る事をお薦めします。
時にはお風呂を有効に使いましょう・・・。
優雅な自分だけの為にキャンドルを灯しアロマのお風呂にしてみる事も
お薦めです。












心と身体 | コメント:0 | トラックバック:0 |

冷え性について

女性に良くある冷え性について・・・。
その仕組みと原因について人は体温を一定に保つ働きがあります。それは
この仕組みによって体温調節をしているのです。
★皮膚の表面にある温度センサー
★視床下部は温度調節の司令塔(女性ホルモンや自律神経を介する)
★血液の流れ
血液を全身に運ぶのは運動による骨格筋の収縮運動で促進される。
特に足は身体中に血液を運ぶポンプの役目をします。
日頃運動不測であったり、同じ姿勢を長時間していたり、体を冷やす食べ物を
多く摂っていたり、不規則な生活が多く続くとすべての機能が良く働かなくなります。
簡単な足首を回す運動やかかとを上げ下げする運動。
その場歩き足を大きく上げ下げする。
またはヒンズースクワットなどが有効です。
★食べ物による冷え性改善
身体を温める『陽性の食品』を摂りいれましょう。
しょうが。葱。にんにく。梅干。根菜類。自然塩。人参。味噌。醤油。
寒い地方でまたは季節に採れる食品。堅く、水分の少ないもの。
『中庸の食品』
陽性でもなく陰性でもない食品です。
玄米、むぎ、きび、ひえ、あわなどの精白度の低い食品。
これを大いに摂りいれましょう。
『陰性の食品』
暑い暖かい土地で摂れたもの。
柔らかいもの。水分の多いもの。精製されて白いもの。
地上に真直ぐ上に伸びるもの。
温帯産果物。種子、ナッツ。緑黄色野菜。海藻。(これは血液をサラサラにするがやや身体を冷やす。)
トロピカルフルーツ。大豆。豆腐。豆乳。紅茶。コーヒー。お酢。なす科の野菜。トマト。ピーマン。(血液をサラサラにするが身体を冷やす)
身体に良い食品の中にも身体を冷やす性質のものが多くありますので少し注意してみましょう。




心と身体 | コメント:0 | トラックバック:0 |

アロマと私

私がアロマの香りと出会ったのはもう10年以上前だが、本当に必要性を感じて自分で出来る癒しの手段としてこれを選んだ理由は自分の大病からだったかもしれない。
1ヶ月以上の入院生活は私から日常の何もかもすべてを奪い去り人間としての尊厳さえも奪いそうなものだった。だけどそんな中で花の香りやアロマの香りが私の心を慰めて自分を取り戻すよい機会を与えてくれました。
病気の人の心もこんなに癒してくれるのだから元気な人もすべての人の心と体を癒すのではないだろうか。病を治すということはその人の心も治すということに気づいて、ありのままの自分が出来ることから始めようとアロマセラピーを学びたいと思いました。
香りと手のぬくもり、自然界からの恵みを人間が感謝して受ける時、人はいついかなるときも等しく天からの恵みを受けていることに気づくはず人としての直感力とでもいうかそんなものも自然の力によって導き出されるではないでしょうか。もちろん免疫力も上がることでしょう。
心にゆったりとした時間を持つということはすべてを、見つめなおす良い機会でもあり、ありとあらゆることを思い出させ考えさせられます。本来の人間らしさを取り戻し、また地球環境をもよくしていくものだと私は考えます。化学製品だけではなく、自然なものの持つ力を一人一人がもう一度気づき、その恩恵によくすとき色々な発見があると思います。
アロマの香りは自然のやさしさや愛を私たちすべてのものに与えてくれます。アロママッサージは手のぬくもりを通してその人の愛を人に与えにてゆきます。それは波紋の様に静かに伝わってゆき、その人の心と体を癒し、愛で満たしてゆくことでしょう。
この時代だからこそアロマの力が注目されるのだと思います。外的平和とは一人一人の心の内的平和からのみもたらされると思うその一役をアロマの香りが担うと考えます。もっともっと自然に帰り人が癒されることを祈ります。   
http://mami.ptu.jp 癒しのサロンMamiy



心と身体 | コメント:0 | トラックバック:0 |

癒しの魔法

癒しの魔法  (Chieさんのメッセージより)

癒しの時代といわれるようになって、もう何年も経ちます。
癒しという言葉の響きに
辛さや苦しみを流してくれる
絶対的な母の愛を感じる人も少なくはないでしょう。
少し休みたいのですね。
頑張り過ぎている肉体を
ほんのひとときでも安心した光で満たしたいのですね。

みんな、傷つくことを、恐れています。
誰かから責められることに、怯えて暮らしています。
人の評価を、必要以上に気にして生きています。

やさしくされたい!
わかって欲しい!
許して欲しい!
認めて欲しい!

放出されない願望は、どんどん蓄積され
ストレスとなってあなたを苦しめ始めます。
そして、その苦しみは
あなたの気持ちを汲んでくれる
"こころやさしい他者"が見つかるまで続くように思われます。

運良く"こころやさしい他者"が見つかり
あなたの堅くなった気持ちは、ほぐされたとしましょう。
あなたは、一時のやすらぎを得ます。
「ようやく私を理解してくれる人が見つかった」と
気持ちは高揚します。
あなたは幸せを手に入れました。

それなのに、その穏やかな気持ちは
不思議と長くは続かないのは、どうしてでしょう。
すでに癒され、こころは穏やかになるはずなのに
しばらくすると、またあなたはどこかで
満たされきれていない自分のこころを知ってしまう。
今度は"こころやさしい他者"だけでは
満たされなくなっているのです。

単にあなたが、わがままだからでしょうか?
汲み取れない周りが力不足なのでしょうか?

いいえ。
実はそこに根本的な"こころの平穏"についての
解釈の違いがあるのです。

人から癒されること
自然から癒されること
音楽や絵画から癒されること。
苦しみ・悲しみが日常に存在する分
それを救うべき方法も、たくさん存在します。
そして、その魔法は
本当に一瞬のカンフル剤となって
あなたを元気に蘇らせることでしょう。

でも、それに頼り続けているうちは
あなたは疲れたこころを手放しきれずに
不安とともに生き続けることになってしまいます。
一瞬でも自分を取り戻したと感じたら
次はその先にある
"永遠に続く癒し"とは何だろう、と考えてみてください。

それは決して周りから"…してもらう"ことからは生まれません。

あなたが自分からこころを解放しなければ
せっかく癒されたこころも
幻となって、いつか消え去ることでしょう。

癒しとは、あなたがあなたであることを表現することで
初めて起こるものなのではないでしょうか?

誰かに評価をもらおうとするから、二の足を踏むのです。
誰にも認められなくてもいいではないですか?
遠慮する必要はありません。
あなたが表現したいと思うことを
ただ自由に、こころの思うままに表現していけばいいのです。
趣味のなかに、あなたを見出してもいい
日記を綴ることで気持ちをさらけ出してもいい
大きなことじゃなくて、いいのです。

調和を考え、静かに、自分だけのために
あなたはあなたを表現し続けてください。

あなた自身が、自らの手で表現するという行為こそが
魂に届く、真の癒しの魔法なのですから。


-Chie
心と身体 | コメント:0 | トラックバック:0 |

セラピストMamiyです

初めましてMamiyです。
癒しをテーマに書いてゆきます。どうぞよろしくお願い致します。
癒しを求める現代社会において単に一時的な癒しではなく魂の癒しを自分で
見出す事が真に重要だと考えております。

日々忙しく目まぐるしく流れ行く日常の中で自分を見つめなおす。
本当の自分とは何か・・・。
心のずーっと奥の扉を開け放ち見つめてゆく・・・。

一時的なものではなく懇々と湧き出る泉のごとく幸せを感じるものを・・・。
簡単な事ではないと思います。
心と向き合い正直に目を逸らさずに生きる事ですから・・・。

甘やかすのではなく厳しさの中に真の自分を見出す。
そして愛しそれに向かって生きる事こそ真の魂の癒しとなります。

心と身体 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。